みなさんは『痛み』や『汗』がこの世から無くなればいいと思ったことはありませんか?私たちはその 『痛み』と『汗』の無い“無痛無汗症”という難病を持つ患者家族を中心とした会です。大勢の専門家 に支えられ蓄積した情報を、このホームページを通じて世界中の同病者に発信しています。
 また、私たちの存在を通して、実は『痛み』と『汗』が人にとってどんなに大切なものなのかを、多く の方々に知って欲しいと願って活動しています。

 

 第21回無痛無汗症の会シンポジウムについてブログを更新しました 8/4
 HPを更新しました 12/1
 ブログを更新しました 11/25
 
 
トゥモロウの会の働きかけの結果、フジテレビ制作部がメッセージをドラマ「無痛」公式サイト http://www.fujitv.co.jp/mutsu/index.html にアップしました。今後は、本症の正しい理解を広めていくために、関係者の皆さんと、知恵を合わせていきたいと思います。

フジテレビ連続ドラマ「無痛〜診える眼〜」の視聴者の皆様へ

平成27年10月21日の第3話にて、先天性無痛症は「精神面の痛みを感じない」という表現と、自分で自分の腕を「平然と」ナイフで切るという映像がありました。
このことは事実とは全く異なり、「無痛症」に対する誤った認識を与えてしまうのではと大変危惧しています。 フィクションとはいえ原作者は医師であるからです。 先天性無痛(無汗)症の患者は、精神的痛みは人一倍あります。 傷や腫れ、流血から視覚による痛みも感じます。
この病気はとても症例が少ないため、あまり知られていません。 他人の心に共感できないといった心の痛みがわからないことや、自らの意思で他人の身体を傷つけることはありません。
また、今後、原作の展開では先天性無痛症を原因として残忍な殺人を犯す描写があります。
「無痛症=人殺し」「無痛症=人を平気で傷つける」というイメージがもたれないよう、そして、この病気が誤解されないことを切に願います。
先天性無痛(無汗)症の詳しい症状につきましては、私どものホームページをご参照いただけましたら幸いに存じます。

 

 
NPO法人無痛無汗症の会トゥモロウ
理 事 長  杉 本 和 則